海外ドラマ 人気-韓国ドラマDVD,激安DVD販売専門店!

週刊AKB DVD 2013 詳細
商品名 週刊AKB DVD 2013
メーカー名 バラエティ番組 登録時間 18/10
新品定価 7,790 円
販売価格 4,950 円  (税込) 送料込
在庫状況 在庫あり 出荷可能時期 通常24時間以内出荷
発送情報
お金を支払い確認した後3営業日以内に注文した商品を出荷します。5-8営業日を届けます。米国、英国、フランス、オーストラリア、カナダ、日本、韓国、シンカボール、ニュージーランドへの送料無料を提供します。
商品説明

 

週刊AKB DVD 2013

 

【制作国】:日本
【監督】:-
【出演/声の出演】:AKB48
【音声/字幕】:日本語音声
【ディスク枚数】:10枚組
【リージョンコード】: リージョンフリー(すべての国で再生可能)
日本発売日:2013

 

 画像

 

週刊 AKB DVD 2012週刊 AKB DVD 2012


「内容」

 

関東地方および中京圏を除くテレビ東京系列の放送地域では初となるAKB48地上波レギュラー冠番組。

キャッチコピーは「AKBのAKBによるAKBのための番組」。ここでの「AKB」とは姉妹グループも含めた広い意味である。

当初は2009年7月3日から放送を開始する予定だったが、前の番組『イナズマイレブン 熱血アンコール』の放送があるため、2009年7月10日から放送を開始する運びとなった。

2010年7月2日からはハイビジョン製作で、アナログ放送ではレターボックス放送、デジタル放送ではハイビジョン放送開始(それまではサイドカット放送)。

放送開始当初は司会としてスピードワゴンが「顧問」としてほぼ毎回出演しており、その他のゲスト司会は「特別講師」としての出演だった。2010年に入りイジリー岡田が不定期で一部企画のMCを担当するようになったほか、MCを置かない企画も行われるようになった。2011年1月28日の放送を最後にスピードワゴンの出演がなくなり、入れ替わる形で我が家がMCを務めるようになった。これに伴い当初は「特別講師」として出演していた我が家をはじめ司会の肩書きは廃止された。

放送内容は当初、チャイムの音で教室を模したスタジオに駆け込んできたメンバーがタイトルコールを行い、ひな壇上に並べられた机に着席して番組開始。メンバー数名が参加したロケ企画のVTRを上映した後に時間が余ればスタジオ企画を行うスタイルであった。AKB48のスタジオ出演メンバーのうち2人が前列中央に座って「日直」として進行役を担っていた。その後、ロケのみで独立した放送やスタジオ企画が増え、当初の放送スタイルは2010年7月16日の放送で終了した。これに伴い進行役はMC芸人に一任されるようになって日直システムやタイトルコールは廃止され、ひな壇も簡素化された。また、2週間にまたがる企画や少人数のメンバーに焦点を絞った企画が増加した。

なお、AKB48メンバーは一部企画を除きSKE48、HKT48、JKT48も含めて全員が共通の当番組用の制服衣装を着用する。またAKB48冠番組としては唯一、装着する名札の色がチームごとに分けられていた。

2012年11月30日をもって放送を終了し、同年12月7日からは同時間帯に『AKB子兎道場』が放送される[1]。

 

 

 

 


前のページ:太陽を抱く月 DVD 太陽を抱く月 DVD
次のページ: 週刊AKB DVD 2012週刊AKB DVD 2012

ユーザーレビュー
(合計0件レビュー)
  • 現在レビューはありません
合計 0 件レビュー
Eメールアドレス:
レビュー等級:            
レビュー内容:
売れ筋ランキング
お薦め記事
商品の履歴