こんにちは! ゲスト さん    会員登録(無料)はこちら
article details

韓国ドラマ皇后の品格あらすじ5話~6話

12/03/2018

皇后の品格-5話あらすじ

 
太皇太后にイ・ヒョクは、ユラを恋人です!と紹介しようとしたのです。
ところが、そこにオ・サニーが現れて..。
それは太后カン氏が、ミン・ユラに対して予防線を張ったのだった。
そこで先に、今、イ・ヒョクが付き合っている女の人はオ・オサニー!と紹介して..。
なんと、パニックに!
 
中でも、太皇太后は、オ・サニーが、イ・ヒョクの生命を救助した!という真実に対して..。
【貴いご縁です。素敵な人に出会った。】大喜びだったのです。
そしてオ・サニーに対して、事実を問い詰めようとした記者!!
するとオ・サニーは、お祝いの公演に来ました。と言った後、「Amor fati」の歌を歌ったのです。
歌を聞いたソジン姫!
驚いてしまったソジン姫は「今までで1番、品がない公演だわ!」と言い出して..。
でもオ・サニーと共ににダンスを踊った太皇太后だったのです。
そんな2人のダンスを見ていた太后とイ・ヒョクお2人は、しぶしぶ拍手をしたのだった。
 
その頃、ミン・ユラを監禁した太后!
しかもセメントで固めようとして..。
「いいから陛下から離れるんだ!」と言い出したのです。
でもタイミング良く太皇太后が現れて..。
危うい状況から抜け出せたミン・ユラだった。
その後、太皇太后は、太后の太ももを思いっきりムチで叩いてしまい..。
「いいか、人としての気高く威厳の事だ!!」と暴言を吐いたのです。
そして、しかたなくミン・ユラに謝って..。
イ・ヒョクの結婚の件から退いたのだった。
 
そんな中、再度、イ・ヒョクを訪問したオ・サニー!
お弁当を作って行き、気持ちをアピールしてイ・ヒョクにお弁当をあげたのだった。
だが嫌な気持ちになったイ・ヒョク。
イ・ヒョクはがっかりしてしまい..。
オ・サニーは、イ・ヒョクに「だったら~なんで?優しくしてくれたんですか!!」と攻撃したのです。
するとイ・ヒョクは「貴女のことはファンです。それ以上の気持ちにはならないです!」と、きっぱり答えたのです。
そう言われたオ・サニーは泣いてしまい..。
宮中から出ていったオ・サニーだった。
 
そして夜になって..。
昔のひき逃げ事件の件で、容疑者はミン・ユラでは?と目ぼしをつけた太后!
この件でイ・ヒョクは、ミン・ユラに味方をして..。
「この私が殺害しました!」と言い..。
すると太后は、イ・ヒョクに..。
「いいですか!陛下でも、犯罪をした場合、罪を償う義務があります!」と強調したのです。
そう言われたイ・ヒョクは、どこまでもミン・ユラを庇い..。
太后に、泣いて土下座したイ・ヒョク!
 
すると継続して太后は、イ・ヒョクに..。
「いいですか!オ・サニーを皇后にしなさい!」と命じたのです。
そこで、嫌々OKしたイ・ヒョク。
するとイ・ヒョクは、ミン・ユラに..。
「おまえを守れたら本望だ!それが出来たら~結婚なんてどうでもいい!オ・サニーは単なる踏み台にすぎない!」と言い..。
 
 
皇后の品格-6話あらすじ
 
再度、オ・サニーを訪問したイ・ヒョク。
「すみません、この間、酷いことを言った事、謝ります!」と謝ったのです。
だが、もうショックを受けているオ・サニー。
「あなた、何を考えているの?あの時、私に何て言ったのか?覚えていないのですか?もうお互いに合った方と生きましうね!」と暴言を吐いて、行ったのだった。
 
そんな中、オ・サニーの気持ちを振り向かせたいイ・ヒョク!
会場まで出向いて、団員の皆にもごちそうをしたのです。
そして、イ・ヒョクは、公演の監督さんに..。
「いいから全部、初め戻すんだ!俺は、オ・サニーさんみたいに力がある女優さんを応援したい!」と圧力をかけたのだった。
 
その後、オ・サニーの舞台で、イ・ヒョクは..。
「今まで生きて来た中で、最高の公演だった!」と絶賛しながら花束をあげたのです。
だがオ・サニーは..。
「はぁ?自分勝手ですね!陛下は、どんなことをしてもいい!と思ったら大間違いです!」と激怒したのだが..。
でもオ・サニーは..。
「ここまで親切にしてもらったんだから嫌いになれない!」と泣いてしまいました。
そう言われたイ・ヒョクは..。
「逃げたこと、ごめんなさい!でも結婚してほしい!」と大衆の面前でプロポーズをしたのです。
 
一方ではナ・ワンシクは、マ・パルジュに追わていたのだった。
だがピョン先生に救助されたナ・ワンシク。
ピョン先生のおかげで命が助かったのです。
ところがナ・ワンシクは、頭部を銃で撃たれてしまい..。
ピョン先生は、ただものではない!と察したのだった。
その後、「母親が、とある人に殺された!復讐を考案するまで、行動は出来ない!」と救助を出して..。
そして、救助してもらい体調を戻して行ったのです。
 
その頃、テレビのオンエアで、皇室の警護員を募る!という広告を見たナ・ワンシク!
そこで復讐を決意し、さらにダイエットまで始めて痩せる!と決めたのです。
しかもピョン先生にも手伝ってもらい、再び弟ナ・ドンシクと会ったのだった。
その後、ピョン先生の部下になり、練習に入ったのだった。
それ以降、ナ・ワンシクから→チョン・ウビンに変わったのです。
そして、皇室の警護員になって宮中に侵入したのだった。
さらにイ・ヒョクと会い、復讐を準備するチョン・ウビンは..。
ユーザーレビュー
(合計0件レビュー)
  • 現在レビューはありません
合計 0 件レビュー
Eメールアドレス:
レビュー等級:            
レビュー内容:
文章分類
お薦め記事
商品の履歴